スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康診断

本日、会社をお休みして、健康診断を受けてきました。

と言っても私ではなく、アキクサのペアでございます。名前は「のだめ」「プリごろ太」と命名。どっちが♂かは書かなくていいですよね?名前の起源も

名前はまだ少しだけ迷っていたのですが、病院の問診票に名前を書かなければならなかったので、これもいい機会!と割り切ってその場で命名(笑

130313-1.jpg

この2羽は環境にも慣れたっぽいので安心していたのですが、ピコさんの事故を踏まえ、念のため。

特にのだめサンは、妻いわく「首を少し上に傾けるのが気になる」

確かに画像のように、やや上部分を見るような姿勢を取ることが多いです。

緊張したり餌を食べたりしている時は普通なのですが、何気ない仕草で首を上に傾けることが多く…鳥の健康状態に超過敏になっている飼い主としては、放っておけません。



我が家から車を走らせること30分、

130313-2.jpg

北海道唯一の小鳥専門病院、獣医師さんも全員オーナーさんという、なかなか良い感じの病院です。

結果は、そのう・糞便・羽や筋肉の触診、体重その他、全て問題なしという嬉しいものでした



この手の病院に連れて行くのは初めてだったので、来院者の中で我が家だけが、飼育ケージまるごとで持ち込むという恥ずかしい体験もしましたが、結果良好で何よりでした。


今後はお迎えした際、出来るだけ早いうちに健康診断を受けさせようと思います。

譲ってくれた方に、お詫びがてらお電話したところ「病気になって病院連れて行っても、大半がダメです。病気にさせないよう注意するしかないですね。我が家は30羽ほど病院に連れて行ったことがありますが、1羽以外は全て落ちました」

だ、そうです。

体の小さい小鳥であれば、進行が速くてすぐ手遅れになる、とは病院のパンフにもどのWEB情報にも書いてありますから、やはり日常の変化を見逃さないようにしないとイカンですね。

ということでまだまだ凹んでいますが、今日は少しだけ安心しました~
スポンサーサイト

theme : 鳥さんとの暮らし
genre : ペット

1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

うかれぽんち。裏。

Author:うかれぽんち。裏。
札幌在住、妻ひとり。生き物大好きで、過去飼育したのはハト、セキセイインコ、文鳥、ジャンガリアンハムスター、蟹、カエル、トカゲ、カマキリ、鈴虫…。
ここ数年は多量のクワガタとシュリンプ、ザリガニ等を飼育しています。リンク「クワガタ漬け」は、我が家のクワガタブログです。
この度2013年3月より、小鳥飼育を再開したのでブログを書いてみました。よろしくお願いしま~す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。